Copyright© 2019 by mm project;All right reserved. 

5313 Kake, Akiota, Yamagata-gun, Hiroshima, Japan 〒731-3501

広島県山県郡安芸太田町加計5313  mmprojectart@gmail.com

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean

 

日本とアメリカ合衆国の協同制作 展

A Collaboration between Japan and the United State of America

(Hiroshima 71th Anniversary)

   宮本ルリ子             キャサリン サンドナス

Ruriko Miyamoto & Katherine Sandnas

​7/09/2016~8/16/2016

​Artist Page

8/28~9/02/2016

 A Collaboration between Japan and the United  States of America                   

日本とアメリカ合衆国の協同制作展 

Ryosokuin,Kenninji temple, Kyoto , The World Archaeology Congress presents

京都建仁寺内両足院にて、世界考古学会議との連携展示

 

11/7~12/5/2016 

A Collaboration between Japan and the United States of America                   

日本とアメリカ合衆国の協同制作展

Talley Gallery-Bemidji State University  (アメリカ)

ターリーギャラリー、ベミジ州立大学

​制作風景 (work in progress)

​広島、爆心地付近の川で採集

​(collect materials at river in Hiroshima )

滋賀県在住のアーティスト、宮本ルリ子さんとその知り合いのアメリカミネソタ州在住のアーティスト、キャサリン サンドナスさんのお二人が信楽の透光土と出会い、制作が始まりました。来日されたキャサリンさんの広島に行きたいという思いから広島訪問を経て、長崎の原爆資料館平和推進課の方から市内の土、葉、東日本大震災のあった福島いわき市の考古資料館の元館長様から提供された海砂、貝、花、知人のニューヨーク在住アーティストから提供されたテロのあったツインタワー向かいのセントポールチャペル教会の庭の土や葉など多くの方々の協力のもと、この作品が制作されました。

お互いの国の過去の出来事で国民の意識の変わった日、出来事を共有し、アート作品として記録する。お二人がもつ土への意味合いや想いを作品に込め、ドキュメンタリーとして日付を入れた記録作品となり、本のような形となったとのことです。歴史的、社会的メッセージを多く含む作品ですが、静寂な空間のなかで観客の心のなかに静かに語りかけ、心に響く作品の数々です。作品の背後から照らされる光が過去や未来に思いを巡らせるとともに、現在の世界を照らします。そして協同制作されたことに大きな意味を感じます。アメリカへ展示が移動する前の貴重な展覧会となります。制作が始まった広島からのスタートです。

The works were created by Ruriko Miyamoto who lives and works in Shiga Prefecture, Japan and other artist, Katherine Sandnas from Minnesota state of USA. Project started when they find beautiful Shigaraki Translucent Clay and they wanted to make something together. When Katherine Visit to Japan, she asked to visit Hiroshima memorial peace park together, how the project started. Also the art works were created by with cooreration from many people in both country. They got materials such as the soil collected from the ground of Nagasaki Atomic Bomb museum, the sea sand, shell, flower from Iwaki city, Fukushima where is the Tohoku earthquake disaster area, soil from the site near by (ground of St. Paul's Chapel) at Ground Zero in New York City collected by another artist who live there.  

They shared the day and the past events that public awareness has changed in each country.  They recorded in the clay, formed as a book to document. The works contains many of the historical social messages, but they speak quietly in your mind and create the peaceful space in the gallery. The light came through from behind, the piece let you think past or imagine for the future and light up the present time of the world. Most important things for me is this is a collabration piece of people in Japan and the United States of America. The exhibition started Hiroshima where the project started and  travel to Kyoto and to the United States.                                                                                                                                                                                                                                                                    (from Minako Mizuno, Gallary owner)

この仕事は、共通の歴史的な出来事を通しての一つの見え方を提示しています。現時点において、私たちがこの出来事を共有すること、それは、何を意味するのでしょうか? (アーティストの言葉

Our work provides a unique lens which links our common heritage, and illuninates an understanding of what means to share this heritage at our present time in history. (from the artists)

              これらの品を信楽透土に焼き込みました

   (We fired the following pieces on the Shigaraki Todo-Translucent Clay.)

広島市内の川砂、葉、種

Hiroshima river sand, leaves and seeds

広島宮島の海砂

Miyajima Hiroshima ocean sand

長崎市内の土、葉

Nagasaki earth, leaves

福島県いわき市の海砂、貝、花

Iwaki city, Fukushima ocean sand, shells, flowers

パールハーバーの砂、葉

Pearl Harbor sand, leaves

ツインタワーの向かいのセント チャペル教会の庭の土、葉

St.Paul's Chapel Yard-earth and leaves

(directly across the street from the twin Towers)

アメリカ合衆国の土、砂、葉

Earth, sand and leaves of the United States of America

   

   

      (自己紹介)

           Artist introduction

      宮本ルリ子

        Ruriko Miyamoto

土を記録の媒体として用いることもあれば、『土に還る』という言葉が表すように、無形の硤合の象徴とすることも

​あります。

 

I often use clay as a documentation medium, on the other hand clay is often referred to as a symbol of intangible material. as referenced by the statement "return to the soil"

  キャサリン サンドナス

           Katherine Sandnas

土の中に認められる歴史的な側面は強力です。土は人類の文化的な象徴を含み、私たちすべてを結びつけます。

The hietorical aspects found within clay is powerful. Clay contains the cultural symbols of humankind and unite us as people.

福島いわき市の写真